平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」情報教育におけるステップ式学習プログラムProgressive Statistical Education Program お問合わせ サイトマップ
 
在校生の皆様へ 地域の皆様 受験生の皆様 English 統計関連リンク集
在校生の皆様 統計思考力―あなたが時代を切り拓く― 学生の声 学習教材

HOME > 在校生の皆様 > 活動の様子


活動の様子
平成23年度
平成22年度
 
学習用教材はこちら
Moodle
統計関連リンク集
パンフレットのダウンロード
TA相談室
GPポータル
活動の様子
9/5(月)6(火)7(水) 「社会調査法」の補講を実施しました!
2011年度春学期「社会調査法」(藤原)の補講を9月初旬、3日間にわたって実施した。
9月5日(月)期末試験の解説、課題配布、9月6日(火)カイ二乗検定、試験、9月7日(水)相関係数、試験といった日程であった。
最低限身に付けて欲しい手法の徹底を目指すものであった。
参加者は履修者総数?人のうち、三日間必須のもの72人、6日の受講が必要なもの7人、7日のそれは30人であった。
秋から始まる社会調査実習の本番に備えるものであった。

(文責 藤原眞砂)



4/14(木) 情報統計科目 皆勤者表彰式を行いました!
情報統計科目 皆勤者表彰式の様子
 新年度の4月14日、情報統計科目の皆勤者18人の表彰式を、寺田先生の2回生の必修科目・統計学U(4限目、大講堂、2回生230名全員受講)の講義の冒頭で行いました。
 皆勤者は、1回生の時にGPプログラム入門科目の必修科目、「コンピュータリテラシー」、「社会調査法入門」、「統計学T」、「情報リテラシー」、それに選択科目「統計と数学」(この選択をしなくても良かった人はこの科目以外の上記の必修科目)のすべての科目に休まず出席を続けた人で、なおかつ「社会調査法」を2回生になって受講した人たちのことです。
 2回生の皆さんが見守る中で、大講堂の舞台に登壇し、勢ぞろいした皆勤者に対して、GPプログラム取組担当者の藤原が一人ひとりにねぎらいの言葉とともに記念品を手渡し、今後の一層の奮起を促しました。
 今回、対象にならなかったステップ式学習プログラム参加者にも今後、さまざまな表彰の機会を設け、学習動機を高めたいと思っています。

(文責 藤原眞砂)



4/4(月) 平成23年度キックオフを開催しました!
平成23年度キックオフの様子
 文科省の大学教育学生支援推進事業(教育GP)として平成21年度にスタートした島根県立大学『情報教育におけるステップ式学習プログラム』も3年目となり最終年度を迎えました。初年度は学習プログラム内容に沿って学内のカリキュラムの再編成を行いました。2年目の昨年度、新カリキュラムの立ち上げに基づきステップ式学習プログラムをスタートさせることが出来ました。
 新学期早々の4月4日、昨年度に引き続き第二回目のステップ式学習プログラムのキックオフを、新一回生を迎えて寺田先生の「統計と数学」の講義時間(240名受講)に行いました。
 寺田先生の司会により、まず、藤原がキックオフ開会を告げました。
 本田雄一学長も出席下さり、プログラムの意義を語って下さり、プロジェクトに新たに参加する一回生、スタッフに励ましのお言葉を頂きました。また、別枝行夫学部長からも新入生の学習意欲を鼓舞する強いメッセージを頂きました。
 プログラム取組担当の藤原眞砂は『情報教育におけるステップ式学習プログラム』の概要の説明を行いました。知的に武装して、将来、社会の中核にあって活躍できる人間になれるよう頑張ろう、とメッセージを送りました。
 講義・実習スタッフである坂部先生、松田先生、金野先生、寺田先生も各自担当の科目の説明を行うとともに、励ましのメッセージを学生に送りました。また、GP雇用TAの橋君が『情報教育におけるステップ式学習プログラム』に組み込まれている社会調査士コースの関連科目の概要を説明しました。
 最後に、ステップ式学習プログラムで最終段階まで、しっかりと学習を進めることを誓って、キックオフを終了しました。

(文責 藤原眞砂)

【ご出席頂いた先生方】
本田雄一学長 別枝行夫学部長 藤原眞砂 松田善臣准教授 坂部晶子准教授 金野和弘講師 寺田哲志講師(司会進行) 
橋翔太(TA) 古和悠(GP支援室) 久保田紀美子(GP支援室)  土師正裕(TA) 金キン(TA) ミロマノヴァ・タチアナ(TA)


Copyright(C) 2010 The University of Shimane All Rights Reserved.