平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」情報教育におけるステップ式学習プログラムProgressive Statistical Education Program お知らせ サイトマップ
 
在校生の皆様 地域の皆様 受験生の皆様へ English 統計関連リンク集
在学生の皆様へ 統計思考力―あなたが時代を切り拓く― 活動の様子 学習教材

HOME > 在学生の皆様 > 学習教材 > 社会調査法

ステップ式学習プログラムの構成
統計と数学
コンピュータ・リテラシー
社会調査法入門
統計学T
情報リテラシー
社会調査法
統計学U
社会調査法実習T
質的調査法
統計分析法
社会調査法実習U
Moodle
統計関連リンク集
パンフレットのダウンロード
TA Web Site

GPポータル
社会調査法
Moodle【社会調査法】 Moodle【社会調査法】のページへ
目的・目標
・統計調査法、参与観察法、アンケート調査法などを柱としながら、社会調査の諸手法を概観し、理解する

第1回 社会調査とは何か - 社会学の基本的視座 -
第2回 事例研究法(1) - 参与観察とは何か、データの集め方 -
第3回 事例研究法(2) - 参与観察のスタンス -
第4回 事例研究法(3) - データのまとめ方 -
第5回 アンケート調査法(1) - サンプリング理論 -
第6回 アンケート調査法(2) - アンケート票の設計 -
第7回 アンケート調査法(3) - アンケート実施の実際 -
第8回 アンケート調査法(4) - データ集計の原理 -
第9回 アンケート調査法(5) - データ集計の原理 -
第10回 アンケート調査法(6) - データ集計の原理 -
第11回 アンケート調査法(7) - データ集計の原理 -
第12回 統計調査法 - 統計の種類と所在 - (1)
第13回 統計調査法 - 統計の種類と所在 - (2)
第14回 リサーチリテラシー(1)
第15回 リサーチリテラシー(2)

データ分析技法は、自力で物事を考える時の強力な武器になります
 最近、ウェブ上からコピーしたレポートや、思いつきで意見、感想を羅列して述べただけの学生のレポートを度々見受けます。みなさんはデータを持って論証することの重要性に気づかなくてはなりません。データ分析技法は、自力で物事を考える時の強力な武器になります。他人の気づいていない問題を見つけ出し自分なりの結論を導ける状態、すなわち、既存のデータを読まされるのではなく、自分でデータを創り、分析、発信できる方法を身につけることはとても大切なことです。自らの作成したデータ(論拠)をもとに、新たな論理を構築し、既存の論議に異を唱えることの出来る頑健な知力を身につけてもらいたいのです。そうした知的武装が出来れば、大学生活のみならず、今後の社会生活の中で生き抜く力を蓄えることが出来ます。
藤原眞砂 教授
 


Copyright(C) 2010 The University of Shimane All Rights Reserved.