平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」情報教育におけるステップ式プログラムProgressive Statistical Education Program お問合わせ サイトマップ
 
在学生の皆様 地域の皆様 受験生の皆様 English 統計関連リンク集
地域の皆様へ PSEPとは 実施スケジュール お知らせ 組織体制

HOME > 地域の皆様 > PSEPとは > プログラム実施の背景

PSEPとは
PSEPについて
プログラム実施の背景
在学生の皆様はこちらをクリック
Moodle
統計関連リンク集
パンフレットのダウンロード
TA Web Site

GPポータル
プログラム実施の背景
 島根県立大学総合政策学部は、情報・統計科目を基盤科目として設置し、社会諸科学を実証的に研究するための技法の教育を推進してきました。しかし、本学の大多数を占める文科系学生は、情報・統計科目に対する苦手意識が強く、実際に実証的研究技法を用いてレポートや卒業研究をまとめる学生はごく少数にとどまっていました。そこで、社会科学の論文執筆に用いられることが多い統計手法を着実に習得できるような体系的な教育プログラムの整備が待たれていました。
 本プログラムでは、学生が社会調査・統計処理の技法を着実に習得することができるよう、既存カリキュラムの刷新を図りました。併せて新機軸として「ステップ式学習テキスト」を開発し、着実な学習の進捗を目指しています。
 また、大学の機能として社会貢献が求められる中、本プログラムは、統計的実証教育・研究の成果を社会に情報発信し、地域社会の活性化に資することも目指しています。


Copyright(C) 2010 The University of Shimane All Rights Reserved.