川本町の食の産品の取り組みについて商品リスト

 川本町は江戸時代には石東地方屈指のたたら製鉄地でした。江の川沿いに立地し、早くから人馬、川船が行き交う宿場町、港町として町場を形成しており、明治以降は邑智郡の郡都として、郡内商工業の中心地として栄えていました。現在は、商工の衰退、交通の変化に伴い郡都としての威光も薄れ、人口の減少に拍車が掛っています。
 川本町には西条柿を加工したあんぽ柿、れんげの花を緑肥として使用し、科学肥料や農薬を抑えた中石米といった特産品に見るように、特段の特産品はありません。そこで、町おこしの一環で、特産品として川本町が育成しようとしているのが「エゴマ」です。エゴマとはシソ科の植物で昨今、ダイエットや健康の面で注目されています。エゴマに含まれるα-リノレン酸は、体脂肪の燃焼を助けるTV番組などでダイエットに適した食物としてたびたび紹介されています。また、DHAには、脳細胞を活性化させる作用が、EPAには、血液の流れを良くする働きがあり、脳梗塞や心筋梗塞の予防に有効とされています。その他にも、エゴマは、アレルギーやダイエット、視力、便秘、体質の改善などにつながるといわれており、(体質改善には、エゴマを使い続ける必要があります)そして食の安全が重要視され、原産地が問題にされることが多いが、エゴマは100パーセント地元産です。
 またエゴマ作付には補助金(国産地方交付金)が給付され、作付面積に応じて補助されています。「道の駅インフォメーションセンターかわもと」が産品の販売の中心であり、インターネット通販も手掛けています。本ホームペイジ内の産品リストでも紹介されていますが、いずれも川本町産と謳ったエゴマ油焙煎絞り、エゴマ油生搾り、エゴマ油ノーマル、煎りエゴマ、エゴマ茶、塩・エゴマだれ、エゴマ焼肉だれ、エゴマふりかけ、元気飴、エゴマクッキー、エゴマ豆腐などを単体、セットにして販売しています。
 なおこれらの産品の生産・販売を手掛ける業者は『川本エゴマの会』(代表:竹下禎彦氏)、株式会社オーサンが主となっていますが、キムラ農産、社会法人わかば会といった組織も生産に参入してます。また、詳細は分かりませんが、販売者としてのみ名前を連ねる組織もあり、エゴマを中心にした産品づくりが川本町で進んでいることが分かります。以下、エゴマの生産・販売者であるオーサンについて紹介します。

潟Iーサン

 本社は島根県邑智郡川本町にあります。オーサンの前身は「邑三建設株式会社」です。本来の建設業の工務部とエゴマ事業を手掛ける農産部から成り立っています。オーサンは道路の法面の施工業者でしたが、平成17年1月に農産部を立ち上げ、3月から川本町内の休耕田を借り、エゴマの30a規模の栽培に着手しました。作付け面積は平成20年には4.7haに拡大し、加工場を新設しています。作付けは21年には8ha、工場も22年には増設し、搾油機も導入しました。平成23年には農産部(オーサンファーム)事務所を開設し、25年には広島営業所を設置しており、エゴマ事業の業容の拡大が見てとれます。
 そもそもエゴマは縄文時代から利用されていたもので、忘れ去られたものが現代に蘇ったにすぎません。川本町とエゴマの機縁は、同町の竹下禎彦氏が信州旅行でエゴマに出会い、川本町三原で一人で栽培を始めたことがきっかけで、オーサンの同事業への参入はエゴマの苗を邑三建設の島田義仁氏に紹介したことが契機となっています。ちなみにエゴマによる町おこしは島根県内の出雲地域でも見られます。
 川本町で島田氏はオーサンの参入の前年に当たる平成16年に有志とともに「かわもとエゴマの会」を設立し、エゴマの会には90の農家が参加しています。

川本エゴマの会 代表:竹下禎彦
〒696-1224
  島根県邑智郡川本町三原149-6
  TEL 0855-74-0607 FAX 0855-74-0607

道の駅インフォメーションセンターかわもと
  〒696-0003
  島根県邑智郡川本町因原505-5
  TEL 0855-72-1111  FAX 0855-72-1740

エゴマ油(生) エゴマ油(生)
パック入り
えごまふりかけ えごまだれ

内容量:価格
45g:1000円
120g:2000円
賞味期限 6か月
保存方法 常温

美味しい食べ方
できあがった料理にふりかけて

内容量 3g×10袋
価格 600円
賞味期限 6か月
保存方法 常温

美味しい食べ方
できあがった料理にふりかけて

内容量 30g
価格 350円
賞味期限 1年
保存方法 常温

美味しい食べ方
熱いご飯、おにぎりにふりかけて

内容量 200ml
価格 750円
賞味期限 1年
保存方法 常温

美味しい食べ方
ドレッシングとして

エゴマ青汁 えごま葉パウダー えごポン(酢醤油) えごま塩だれ

内容量 3g×30袋
価格 4500円
賞味期限 1年
保存方法 常温

内容量 15g
価格 1080円
賞味期限 5か月
保存方法 常温

内容量 100g
価格 540円
保存方法 常温

内容量 200ml
価格 810円
保存方法 常温

梅えごまふりかけ      

内容量 30g
価格 378円
賞味期限 6か月
保存方法 常温

     

△ページ上部へ
株式会社 キムラ農産
エゴマふりかけ あんぼ柿    

内容量 60g
販売価格 580円
賞味期限 3か月
保存方法 常温

美味しい食べ方
ごはんにふりかけて

内容量 250g
販売価格 600円
賞味期限 1か月
保存方法 冷蔵
(冷凍保存の場合賞味期限1年間)

美味しい食べ方
そのまま


△ページ上部へ
ふるさと特産品を作る会
鮎の姿焼きせんべい 仙岩寺みそ、
エゴマ味噌
鮎つ子しいたけ  

内容量 80g
販売価格 250円
賞味期限 4か月
保存方法 常温

美味しい食べ方
そのまま

内容量 210g
販売価格 350円
賞味期限 4か月
保存方法 常温

美味しい食べ方
熱いごはん、酒の肴

内容量 150g
販売価格 525円
賞味期限 4か月
保存方法 常温

美味しい食べ方
そのまま


△ページ上部へ
川本ワークス
ひまわりせんべい ごませんべい きなこ飴  

内容量 70g
販売価格 270円
賞味期限 4か月
保存方法 常温

内容量 100g
販売価格 210円
賞味期限 4か月
保存方法 常温

内容量 80g
販売価格 190円
賞味期限 5か月
保存方法 常温


△ページ上部へ
楽時庵
えごまクッキー      

内容量 70g
販売価格 300円
賞味期限 4か月
保存方法 常温


△ページ上部へ
株式会社 ドリームかもん
パウンドケーキ えごまラスク    

内容量 1個
販売価格 1200円
賞味期限 3か月
保存方法 常温

内容量 70g
販売価格 300円
賞味期限 3か月
保存方法 常温


△ページ上部へ
株式会社 ユーサイド
えごまドレッシング えごまマヨネーズ    

内容量 180g
販売価格 515円
賞味期限 4か月
保存方法 常温

内容量 250g
販売価格 515円
賞味期限 6か月
保存方法 常温


△ページ上部へ
川本エゴマの会
煎りえごま      

内容量 40g
販売価格 237円
賞味期限 6か月
保存方法 常温

 

 


△ページ上部へ